みみ・はなの症状

良性発作性頭位めまい症

2017/07/30

症状
○寝起きにトイレに行こうとしたら「ぐるぐる回るめまい」が出た
○寝ていて寝返りしたら天井が回っていた など
頭をある位置に動かした時に数秒から数十秒程度回転する(ぐるぐる回る)ようなめまいを生じる疾患です。起床時などに起き上がった時や寝返りをうった時に回転するようなめまいが出て受診される方が多いです。難聴や耳鳴りなど聞こえの異常は伴いません。
原因
良性発作性頭位めまい症(BPPV)
○良性発作性頭位めまい症について
良性発作性頭位めまい症は、耳が原因で起こるめまいの中で最も多い病気です。めまい患者さん全体の20~40%程度いると言われています。
この病気は前庭内にある耳石が外れて半規管の中に入り込んでコロコロと動き回るために起こる病気です。内耳の半規管の異常によるものです。耳石という小さな石が三半規管内に浮遊してしまったり、付着して頭を動かすことにより異常な刺激が加わり眼振という眼球の異常な運動(目がぐるぐる回る)が出てめまいが生じます。
しかし、半規管から耳石が出てしまえば、めまいはなかったかのように収まります。その後はどこを検査しても異常はありません。

○症状について
寝返りをうったときや朝起きて布団やベッドから起き上がるときなどに、突然周りがぐるぐる回り、吐き気も伴うこともあります。じっとしているとめまいは収まっていますが、少しでも頭を動かすとあらわれます。
めまいが起こる位置のことを「めまい頭位」といいます。良性発作性頭位めまい症では、めまい頭位にしたあとすぐに症状があらわれますが、数秒から2分以内に治まる場合が多いです。
めまいの性状としては、回転性(自分の体や周囲が回転したりしているという感覚)の激しいめまいが起こる場合が多いです。
吐き気や嘔吐を伴う場合がありますが、耳鳴りや難聴などの症状が現れることはありません。
「良性」の名前の通り、深刻な病気ではありません。

他に病気がない時は、積極的に頭を動かした方が早く治ります。この時、多少めまい感や吐き気がありますが心配はありません。1~2分休んでから、また同じ動きをしてください。これを繰り返すと、そのうちにめまいが起こりにくくなってくるのがわかります。

メニエール病

2016/07/30

○メニエール病について
難聴や耳鳴りなど耳の症状を伴った、回転性のめまい発作を繰り返し起こす病気です,

耳の奥の内耳(鼓膜のずっと奥)が水ぶくれ状態になることが原因です。(これを内リンパ水腫といいます)
水ぶくれをおこす原因は現在ではまだよくわかっていませんが、肉体的・精神的ストレスが一因と考えられます。

メニエール病は主に片側の内耳が障害されることにより発症しますが、2~4割の方は左右両側におこります。
メニエール病は脳からくるめまいではないので、生命の危険性はありません。

○メニエール病の症状
ぐるぐる回る激しいめまいが特徴です。また、耳の聴こえが日によって変わり、めまいが起こる前に耳が詰まってきたり、耳鳴りが起こります。吐き気や嘔吐、めまいは30分間から数時間続く場合があります。
めまいの起こる間隔は、毎日のように起こす人から、数週間から数年に一度の人まで様々です。
めまいが軽い時は、ふらつき感や物が流れる感じがします。

治療は主に内服と点滴療法(循環改善剤、ビタミン製剤、めまい止め、利尿剤、漢方薬、時にステロイドなど)となります。
 
過労やストレスがきっかけとなるケースが多いので、規則正しい生活を送り、疲れたら休み、ストレスを溜めないようにしましょう。(メニエール病はきまじめな方や凡帳面な方に多いようです。)
めまい発作が起きたらすぐに横になりめまいが落ち着くのを待ちましょう。