みみ・はなの症状

外耳炎

外耳炎(外耳道炎)
(1)外耳炎(外耳道炎)の原因と症状
外耳炎(外耳道炎)とは、耳の穴(耳の入口)から鼓膜までの間の道(外耳道)に炎症が起こっている状態です。外耳炎(外耳道炎)の原因は主に耳掃除によるもので、耳掃除の際、耳かきや綿棒、または耳がかゆいという時に爪などで強くかきすぎることによって外耳道に傷がつき、細菌などに感染し炎症が起こります。また、耳にお風呂やプールなどカビや細菌が含まれる水が入ることによって感染の可能性があり、炎症を引き起こすことがあります。

(2)外耳炎(外耳道炎)の症状
外耳炎(外耳道炎)の症状としては、
■痛み
■かゆみ
■耳だれ
■灼熱感(しゃくねつかん)
■耳閉感
■耳鳴り
■難聴
などが挙げられます。
ほとんどの場合、炎症が治まれば症状は消えていきます。

(3)外耳炎(外耳道炎)の治療
耳鼻咽喉科での外耳炎(外耳道炎)の治療は、外耳道を清潔に保ち、炎症を抑える治療を行っていきます。一般的には、耳垢や傷ついた外耳道にできるかさぶたをきれいに除去し、消毒をするとともに炎症を抑えるために軟膏を塗ったり、抗菌剤などの薬を服用していただきます。耳垢が硬くなっている場合もありますので、その際は耳垢をやわらくして取り除きやすくしてから除去します。また、ご自宅でも点耳薬や軟膏を塗って治療を行っていただきます。外耳炎(外耳道炎)がひどい場合や耳の痛みが強い場合、かゆみがある場合など症状によって処方する薬や治療法が違いますので、症状をしっかりと医師にお伝えください。

(4)外耳炎(外耳道炎)にならないために大切なこと
外耳炎(外耳道炎)にならない(予防する)ために大切なことは、「耳を傷つけないこと」です。耳かきや綿棒による耳掃除はこまめにされる大人の方が多くいらっしゃいますが、耳掃除をしすぎると外耳道が傷つきやすくなります。たまに爪楊枝などで耳をかいていらっしゃる方がいますが、外耳道を傷つける可能性が高くなりますので、注意してください。傷がつくと傷口から細菌などが入り、炎症を起こすリスクが高くなります。特に大人に比べ子どもの外耳道の皮膚は薄く傷がつきやすいので、耳垢が気になるのであれば耳鼻咽喉科を受診し、耳掃除をしてもらうのも良いでしょう。

2017/05/22