クリニック便り

スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法について

2019/05/28

スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法を行なっています。
スギ花粉アレルゲン、またはダニアレルゲンを少量ずつ取り込みアレルギー反応を軽減させる治療です。
スギ花粉症に対してはシダキュア(以前はシダトレン)
ダニアレルギー性鼻炎に対してはミティキュアという薬を用いて治療しています。

スギ花粉アレルゲンの治療はスギ花粉が飛散していない時期に治療を開始します。スギ花粉症の治療は5月下旬から12月上旬まで新規での治療が開始できますが、来年の花粉症対策としてであれば早めの治療開始をお勧めします。

舌下免疫療法希望の方は受診の際ご相談ください。
つくば市 研究学園いいむら耳鼻咽喉科

スギ花粉症 舌下免疫療法について(治療はじめた方へ注意点など)

2015/06/10

〈保存方法〉
薬品は冷蔵庫で保存してください。(長期間:数日間程度、温度の高いところに置いておくと薬効が薄れてしまうそうです。)お子様の手の届かないところに保存してください。
通常の花粉症の薬とは性質が全く違いますので、絶対に他の方には使用させないでください。

スクリーンショット 2015-06-11 11.19.06

〈副作用について〉
口内炎、舌の下の腫れはある程度出る可能性があります。投与後数時間で引いてくることが多いようです。アレルギーの原因物質を入れる治療ですのである意味致し方ない面はありますが、ひどい際は医師に相談してください。

〈増量期(治療開始から2週間)に服用を忘れた、服用滴下を間違えたなど〉
開始から2週間は増量期で、1週間目と2週間目では薬の濃さも違いボトルも異なります。滴下料に関しては処方の際の説明書をよくお読みになってください。
スクリーンショット 2015-06-02 16.36.07
スクリーンショット 2015-06-10 13.46.14
スクリーンショット 2015-06-11 11.00.06

◯海外旅行などに行く際は、現地で万が一重篤な副作用が生じた場合、対応に困難する可能性があるため舌下免疫のお薬はお持ちにならず、治療は休止してください。休止日数などによって再開の対応が違いますので医師に相談してください。

また増量期(開始から2週間)はご旅行などの予定は入れないでください。


〈次のような時は治療を休止してください〉
◯喘息症状がひどい時
◯口の中に傷や口内炎などがある場合
◯風邪など体調が悪い場合
◯抜歯後や口の中を手術をした後など

スクリーンショット 2015-06-11 11.10.25

(抜粋:鳥居薬品製剤資料)
つくば市 研究学園いいむら耳鼻咽喉科